既婚者同士が不倫をする場合のメリット

出会い系サイトと不倫サイトの違い

男女の出会いのチャンスがあるのはどちらも同じです。出会い系サイトはどちかというと総合的な出会いの場です。もしも、目的が不倫ならば専門サイトを使うことが理にかなっています。目的は達成しやすくなるでしょう。

普通の恋愛や結婚を視野にいれているならば出会い系サイトや婚活サイトです。しかし、不倫をするならば既婚同士でするのがベスト。そんなセオリーがあります。不倫サイトの場合は既婚者で不倫願望がある男女が集まっているわけです。

既婚者同士が不倫をする場合のメリット

まずは結婚していることが一番にあげられるメリットになるのです。結婚していますから不倫相手と結婚したい場合は、まずは離婚ありきです。離婚は結婚の二倍以上の労力がかかるのです。そんな面倒なことはできるだけ避けたいでしょう。

離婚をしなければならないならば、最初から独身の結婚相手を探すほうがいいのです。どこまでもワリキリの関係を貫けないならば不倫の意味がありません。結婚を迫られるようなシチュエーションは避けたい!だから未婚の女性はリスクが高いのです。

女性の気持ちは変わりやすい

はじめは「結婚して」なんて絶対言わないから……。しかし、時間が経過すると年齢が重なってゆきます。年を取るのです。女性の場合は男性と違って旬の時期が短いです。不安感にさいなまれてしまいます。

新しく交際相手を探すのが大変だと考える独身女子

現在、交際している不倫相手と結婚するのが一番の近道だと考えます。それを決めたときの女性の執念はすごいものがあります。

擬似不倫の提案

インターネットには不倫サイトも多いです。ネット上ならば個人情報も素顔も知られることはありません。実際に会う必要もないのです。エッチをしたければテレフォンセックスという方法もあります。燃え上がらすために「会いたいね!」なんて発言は効果的かもしれません。不倫をしている気分を味わえるだけでも欲求不満の解消になるのではないですか?

結婚を後悔している人もいる

「こんなはずじゃなかったのに」
「別に好きな人がいるのに流されて結婚してしまった」
こんな人も世間にはいるのです。くすぶった気持ちにある人は不倫予備軍でしょう。

結婚にそれほど責任感を持たない世の中

だから不倫している人が多くなったのかもしれません。不倫している事自体が珍しくなくなってきました。倫理観の変化は大きいと考えられます。

不倫された側は悪くないのか?

不倫するほうが悪いのは否定しません。ですが、結婚したから不倫はしないもの……そんな礼儀みたいな考え方はいかがなものでしょうか?それだけではパートナーの心をガッチリつかんでおくことはできません。

相手が不倫するならば自分もしてやれ!

気持ちはあってもなかなか一歩を踏み出すことはできません。離婚に至るほど相手を嫌いではないからです。不倫をやめてくれればいいのです。こんな甘い態度でいると、一生つけ込まれる生活を余儀なくされます。怒るときは怒るべき!

結婚の段階でいずれ不倫をしようとするゲスの方には……

注意をしたい不倫の必須アイテム・スマートフォン

不倫相手とコンタクトするのはメールや無料通話アプリでしょう。既婚者の場合はパートナーに中身を確認されるリスクがあります。少なくともパスワードロックはしておいて、番号を教えないようにしておきましょう。

iPhoneの場合はデフォルトでロックがかかりますから、大丈夫でしょう。ガラケーの場合は違います。普段からロックをする人ならば心配ないです。不倫をしてからロックをし始めるのが怪しまれる行動になります。

サプライズプレゼントも注意したいこと

日常から結婚したあとも、サプライズプレゼントなどする人は少数派です。そして、人間はやましいことがあると、なんとかして相手を喜ばせようとします。男が考えそうなことです。やたらとプレゼントで誤魔化そうとするのです。これも不倫がバレることになるかもしれません。逆にプレゼントをしないのも、「私は愛されていないのでは?」ともやもやさせてしまいます。

結婚生活と不倫関係を両立させるのは手間がかかる!

いつ離婚になってもいいならば平気でしょう。しかし、普通の男女は結婚生活を継続しながら不倫で楽しみたいのです。ならば、結婚しても配偶者への思い遣りは忘れてはならないことです。

結婚の段階でいずれ不倫をしようとするならば……

計画的に不倫を考えないと長続きしません。どっちの女性にもいい顔をすることができないからです。日頃からサプライズのプレゼントを心掛けましょう。携帯電話にはロックをかけましょう。最初のスタートが肝心です。不倫を開始してライフスタイルを変えるのではなく、不倫しても困らないライフスタイルの確立が肝心なのです。

小悪魔的な女性との偶然な出会い

刺激が欲しい会社員!

平日は早朝に起きて出社の準備。会社についたら一生懸命に仕事。夜、帰宅して食事をして寝る。毎日、同じようなライフサイクルでの生活の連続。「これから先も、こんな調子なのか?」と。そう考えると自分の人生はつまらないな……そんな思いになることがあるのです。

今の生活が不幸ではない!

立派な家がある。奥さまも子どもいて健康で暮らしているのです。仕事もあり、それなりの給料を貰っています。生活していく上で不自由はありません。……ですが何かが足りない。それは何?

小悪魔的な女性との偶然な出会い

まるで高校生のときみたいに胸が高まったりするのです。求めていたのはこういったトキメキなのかもしれません。女の子に夢中になって口説きます。デートに誘ってもOKしてくれないのです。なんとかして手に入れたいと夢をみたりします。

ついにデートの誘いに応じてくれて初デート

そのデートだけで終わっておけばいいのです。ですが、今度は相手の女の子が本気になってきます。「奥さんが居ても私は構わないよ」なんて言い出すのです。女の子からカミングアウトされると悪い気持ちにならないのです。なんとなくホテルに行って肌を合わせます。一度肉体関係になると、お互いに求め合うことになります。

妻とはセックスレス

単調で感動などありません。ですが不倫相手の女の子とのSEXは驚きの連続です。とっても刺激的なのです。求めていたのは刺激なのかもしれませんね。

世間的には不倫は悪と見なされるが本当なの?

不倫がばれた時の修羅場は刃傷沙汰になることも!

周囲にバレることなく不倫関係を続けているときは、とても楽しいのです。しかし、その楽しさの反動なのでしょう。ばれた時は奥さまが逆上することもあります。
それほどご主人のことを愛していたのでしょうか?それとも、自分が馬鹿にされたとキレてしまったのでしょうか?

世間的には不倫は悪と見なされるが本当なの?

不倫をされたほうは「かわいそう」と同情されることが普通です。結婚したからには不倫をするべきではないのは基本です。ですが、結婚したから一生添い遂げるカップルだけではありません。別の選択肢で離婚もあり得るのです。離婚の原因はいろいろで不倫が原因になることと限りません。

不倫は悪いことですが、他にも悪いことはいっぱいある

そして、「誰かを好きになる」「誰かを愛する」……こういったことってとてもステキなことです。問題は結婚しているのにもかかわらず、パートナー以外の異性を好きになって不倫をすることです。

芸能人を好きになって追っかけする奥さま

そんな奥さまがあまり批判されることはありません。あまりにも熱中していると複雑な思いになるでしょうが、不倫ほどのことはないのです。好きという気持ちは同じではないですか?それならば芸能人を好きであることも批判されてもいいのでしょう。実際に出会ってセックスするかどうかが争点になりそうです。

性欲を解消するために……

不倫関係とセフレ(SEXフレンド)関係の違い

名前は違いますがやっていることは同じです。会ってSEXをすることです。目的を考えれば同じような共通点があります。不倫関係であるから、相手に恋愛感情があるかというとそうではないケースもあります。性行為を楽しむ友達関係でも相手のことを好きにならないこともありません。

不倫は既婚者が絡んでいる!

両方が既婚者の場合もあるし、片方が既婚者の場合もあります。不倫関係が発覚したら十中八九家庭崩壊になります。しかし、セックスフレンド関係の場合はどうでしょうか?両者が独身の場合で、親密な交際をしている恋人がいないならば関係ないです。

セックスレスの夫婦

奥さまもご主人も性欲がなくてセックスをしないならば問題はないでしょう。しかし、大抵はどちから一方の性欲があります。なのに相手に性行為を拒否されるのです。その結果としてセックスレスになります。これが大問題。

性欲を解消するために……

セックスレスが原因で離婚することもあります。また離婚するまではいかなくても性欲を爆発させてしまうこともあります。それが不倫関係になったりセックスフレンドを作ってしまったりするわけです。性欲を解消する相手を見つけるのです。

配偶者以外の他人と肉体関係を持つことは倫理的に良くないことでしょう。しかし、相手にセックスする気持ちがないならば自分で解決するしか方法はありません。セックスレス夫婦に限って言えば許される行為だと考えられます。

相手に対する気持ちが抑えられない恋もある

不倫関係は周囲の人にカミングアウトできない関係

普通の恋愛とは違います。誰かに自分の気持ちを話してみたいと思っても簡単にはできません。親友にさえ気軽には話せないでしょう。最悪、親友としての関係も終わってしまうリスクがあります。

相手に対する気持ちが抑えられない恋もある

不倫関係を肯定的に捉える人は少なくです。自分でも不倫関係は良くないと分かっているのです。ですが人を愛する気持ちにブレーキをかけるなんてできません。

まちがったことをしない人間はいません。赤信号であっても小さな交差点で車がまったく通っていなければ渡りませんか?走ってはいけない廊下でもトイレが我慢できなければ走ります。不倫も、これと同じです。人が人を好きになることでしかないのです。

人を好きになることは罪なのでしょうか?

不倫関係になると、不倫相手のパートナーの存在があります。その人を傷つけることをしているのです。それならば、離婚をして一緒になる方法があるのでは……。現実的にはお子さまがいたりして離婚は簡単にはできません。

悩みは堂々巡りになる

不倫関係と言っても普通の恋愛と変わらないからです。悪いということはないのです。好きな人と一緒の時間を過ごしたいのは自然な事。不倫相手も同じ思いならば進むしか道はありません。こういった本音を語り合える場所があります。それは不倫サイトです。不倫相手を探すだけでなく悩みを解決する場所でもあります。

不倫の目的は大部分の人はセックスをすることです!

不倫関係で傷つくのは女性が多い!

妻子ある男性を好きになってしまった女性の悲劇は数えきれません。男性は最終的にはご家族の方を選択します。もっと言えば、奥さまがご主人に「家族を選ばせた」のです。

不倫関係は奥さまに勝利することはできるのか?

いくら愛情があっても家族に打ち勝つことはできません。共に生活してきた年月が長ければ長いほど、パートナーに対する責任感がでてくるからです。だとすれば、不倫関係も期間が長ければ絆は深くなります。奥さまに勝てるとしたら、結婚する前から関係があることです。さもなければ結婚の方が期間が長くなります。結婚と同時に不倫関係がスタートしたならばぎりぎり戦えるのかもしれません。

不倫関係は最終的には上手くいかないようにできている

運命的な出会いでの不倫。燃え上がっての不倫。そのときはいいかもしれません。悲しいことですが、上手くゆきません。ある程度のところで別れて「良い想い出」にするほうがいいでしょう。

不倫は遊びで終わらせること!

もしもそれが不可能ならば、計画的に不倫をしなければなりません。相手の配偶者にバレないようにすれば不倫は続けることができます。しかしながら、「略奪愛」を考えているならば綿密な計画が必要です。

不倫の目的は大部分の人はセックスをすることです!

気軽に性欲を解消できる相手がいればいいのです。そんな気楽な不倫を希望している人は多いです。もっとも望ましい相手は、元カレや元カノです。手っ取り早いです。長続きもします。新しい相手を探すのは労力もかかります。相手の趣味・嗜好から知らなければなりません。元カレ・元カノならば相手の性癖もばっちり理解しているのです。

不倫関係の質問や疑問があれば不倫サイトをフル活用しよう!

例えば、不倫を現在進行中の人・不倫をしようと考えている人・かつて不倫を経験したことがある人。いろいろな人たちがアクセスしてきています。不倫をテーマに活発な意見を交わしています。不倫サイトですから、不倫相手を探すこともできます。

不倫相手に家庭がある状態で交際する関係が不倫関係

この関係が長期化すればするほど辛くなります。ゴールが見えないからです。独身同士の交際ならば将来的に結婚するゴールが見えます。不倫はそれがないのです。

最初はそうでもありません。短時間でも一緒に居られるだけで幸せ……それが1時間でもです。しかし、次第に淋しさに押しつぶされてしまいます。別れる時間が辛いのです。

絶えられなくなったら……

「もっと会いたい!」と我が儘を言うだけのケースもあるでしょう。最悪な場合は離婚を不倫相手に迫ってしまいます。「自分と結婚してほしい」と迫るのです。不倫関係から結婚する略奪愛の成功例は少ないですね。運良くそれができても、不倫からの結婚は祝福されません。世間の目は冷たいのです。

たまたま恋愛感情を抱いた相手が結婚していたという事実

それを分かったときに不倫している人は絶望感と孤独感を味わいます。逆に言えば、「不倫関係のままでいい」という人は、そういった苦しみをあじわうことがありません。相手に何も求めないほうが幸せな不倫関係になるのでしょう。「一緒にいるだけで幸せ」そういうことすら考えないほうがいいのです。

不倫関係は本気になったほうが損をする……そういう風にできているのです。不倫関係から結婚を考えるならば略奪愛しかありません。不倫相手を本気にさせることです。